2014年04月18日

食事

夕食 1300円+消費税

 夕食は、肉料理がメインになります。山の中であるために魚料理は、めったに出ることはありません。その他に煮もの料理(汁物)、揚げ物、サラダ、デザートなどで、ある程度はボリュームがあります。3歳以下のお子様は、お母様の料理を取り分けてもらえば、充分かもしれません。幼児食はございませんが、ご飯と味噌汁にかぎって幼児サービスしています。

 夕食は、18時30分からのスタートになります。ですので、夕食をとられる方は、最低でも18時までにチェックインを済ませてください。それより遅くなる方は、外食をお願いいたします。というのは、18時から18時30分の間は、食事の準備で一番忙しくて、受付をする暇が無いからです。ただし、霧などの天変地異や、渋滞などで遅れるのは不可抗力なので、仕方ないですね。そういう場合は、遅れるとの御電話を1本いただければ、食事を遅らす準備をさせていただきます。

obUgfg.jpg

朝食 700円+消費税

 朝食は卵料理・汁物・ソーセージ・サラダ・デザートなどで、軽いものが中心となっておりますが、人数が多い場合は、白い御飯の他に、炊き込み御飯やチャーハンなどもお作りしたりしていますので、早朝散歩などの後、お腹を空かせて来て下さい。

kaze3-2011-01-03T00_38_34-7.jpg

北軽井沢ブルーベリーYGHの米について

「普通の米じゃ無いよね。何米なの?」
「どうして、お米が美味しいの? 何を使ってるの?」

 さすがは、米所の御客様。新潟県の御客様は、味がわかってらっしゃる。そういえば、ササニシキの宮城県の御客様も絶賛してたなあ。山形・秋田の御客様も、さかんに米のことを聞いてきた。なにをかくそう、今年から北軽井沢ブルーベリーYGHの米は、『朱鷺米』を使っています。ちなみに佐渡島では、平成20年産米より99%以上の面積で農薬・化学肥料を3割削減したコシヒカリの生産に取り組んでいます。そういう地域で、さらに化学農薬・化学肥料を5割以下に抑えたのが、朱鷺米です。無農薬、無化学肥料栽培・8割減栽培・5割減栽培(栽培期間中)の米です。つまり新潟県特別農産物認証制度の認証を受けた米なんです。

(新潟県特別栽培農産物認証制度とは、新潟県が化学農薬・化学肥料を地域の基準から5割削減して栽培した農産物の栽培方法等を確認し認証する「新潟県の安全・安心ブランド」です。生産者の栽培履歴は新潟県ホームページで確認できます)

 それだけではありません。農薬や化学肥料を削減するだけでなく、生きものが暮らしやすい水田環境を作り出す農法で朱鷺米は作られています。朱鷺を野生に戻すためにさまざまな生物が暮らせる生態系を取り戻し維持することが大切です。佐渡市では自然環境の復元に取り組み続けています。朱鷺米は、売上の一部は佐渡市トキ保護募金に寄付されます。朱鷺と暮らす郷」は消費者と生産者のとき保護への想いが一つになったお米です。

kaze3-2011-07-02T22_19_24-2.jpg

〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12
北軽井沢ブルーベリーYGH
電話 0279-84-3338
FAX 0279-84-6361
定員19名(最大24名)
駐車場30台
メールアドレス
RXB10552@nifty.com

もっと詳しいPCサイトは、こちら。
http://kaze3.cc/index.htm
http://homepage2.nifty.com/blue_berry/

posted by マネージャー at 19:31| 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。